TOP

Camel Case LibreOffice の関数 Calc

CAMELCASE() 説明

関数 CAMELCASE() は、単語を大文字小文字の可変文字と組み合わせるように設計されています。つまり、結果として単一の単語が返されます (例: "camelCaseFunction")。

Camel Case は、スペース、ハイフン、アンダースコア、または大文字小文字で区切られた単語の文字列を個別の要素に分割します。次に、最初の要素を除いてこれらすべてが大文字の単語に変換され、最初の要素は小文字に変換され、すべての要素が 1 つの単語に結合されます。

CAMELCASE() 関数は、受け入れられたコード記述規則 (coding Conventions) に従って変数名を変換するプログラミングで役立ちます。


BASIC 関数のコード Camel Case

以下は、異なる単語を 1 つに結合できるカスタム関数を作成するためのマクロ コードです。論理部分は、LibreOffice Calc プログラム内の変数 case (Camel Case) で区切られます。

メニュー Tools - Macros - Edit Macros... を開き、Module1 を選択して、次のテキストをモジュールにコピーします。

Function CamelCase(ByVal str As String) As String
  Dim words As Variant
  Dim i     As Integer
  Dim FCalc As Object
  
  FCalc = CreateUnoService("com.sun.star.sheet.FunctionAccess")
  
  str = Replace(str,"-"," ")
  str = Replace(str,"_"," ")  
  str = FCalc.callFunction("TRIM", Array(str))  
  str = FCalc.callFunction("REGEX", Array(str,"([:lower:])([:upper:])","$1 $2","g"))
    
  str = LCase(str)
  words = Split(str, " ")
    
  For i = LBound(words) + 1 To UBound(words)       
    words(i) = UCase(Left(words(i), 1)) & Mid(words(i), 2)       
  Next i
    
  CamelCase = Join(words,"")
End Function

次に、Macro Editor を閉じ、LibreOffice Calc に戻り、任意のセルで新しい関数を使用します。